包茎でお悩みの男性へ、知っておきたいリスクと改善法

包茎でお悩みの男性へ、知っておきたいリスクと改善法

程度こそ異なりますが、日本人男性の約70パーセントもの人が包茎であると言われています。
半数以上を占めているのにも関わらず、その印象は、「女性に嫌われそう」というマイナスのイメージがありますね。

実際に、臭いや衛生面を気にする女性は非常に多いのが現実です。
包茎は、その程度で、3つのパターンに分けられると言います。普段は、皮で覆われているものの、勃起時はむき出しになる「仮性」、勃起時に、無理すれば手で向くことができる「嵌頓」、そして、常に皮ですっぽり覆われているものを「真性」と言います。包茎でお悩みなのは、男性だけではありません。

皮で覆われている分、どうしても雑菌が繁殖しやすく、カスが溜まりやすくなってしまいます。
そうすると、臭いがきつくなるだけではなく、様々な性障害を引き起こしてしまうのです。

亀頭包皮炎などにかかると、痛みを感じるほか、性行為が困難になるでしょう。また、雑菌などが繁殖した場合、女性の性器へのリスクも懸念されます。感染症を発症した場合、不妊の原因となってしまう可能性も稀にあるようです。

包茎の方は、常に、デリケートゾーンを清潔に保つことが第一ですが、嵌頓、真性の場合は、手術を行うことが最善と言われています。
個人の状況やパートナーと相談して、最も良い方法を選択したいものですね。

包茎手術・包茎治療 茨城県水戸市のお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ